Sapphire & Diamond Ring

¥ 300,000 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料800円が掛かります。

再入荷についてお問い合わせをする
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

1910年ごろにフランス又はベルギーのベルエポック期に作られたと思われるリングです。
一般のイメージするサファイアとは違い澄んだ水の様な薄い青のサファイアは嘗てセイロンと呼ばれた現在のスリランカの特徴的な色をしています。カラーストーンの値上がりでこんなに大粒、3ct以上のサファイアのリングはアンティークマーケットでも価格が高騰していてなかなか入手が難しくなっています。
このリングの特徴はなんと言っても出っ張りの無いこの薄さと指の関節約1つ分の大きさです。リングのフラットな高さとちょっと個性的な大きな長方形のテーブルのカットの細長いサファイア。そしてそれを引き立てる小さなダイヤモンドのシャンク。プラチナとゴールドが其々の役割を分かっているかの様に使われています。
ベルエポック古き良き時代にはどんな素敵な水色のドレスとこのリングを合わせていたのでしょうか。
シンプルでエレガント。飽きの来ないデザインは9月生まれの方のエンゲージリングとしてもお勧めです。

素材: サファイア
ダイヤモンド
ゴールド
プラチナ

サイズ:
#15.5(お直し可&サイズ直し初回無料)
※2週間程お時間を頂きます。
※サイズ直しの後の返品は不可となります。ご了承下さい。



商品の評価