Diamond and Ruby ring

¥ 150,000 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料800円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

ドラマティックな1910年ごろに作られたと思われるアール・デコのルビーとオールドカットダイヤモンドのリングです。ミル打ちが美しく、表側は全てプラチナでできており、シャンクと石座の裏側の指に当たる部分にはゴールドが使ってあります。現代からすると不思議な作りに思われるかもしれませんが、アール・デコの始まりの1900年ごろから1910年頃まではまだ時代的にプラチナがジュエリーに使われ始められたばかりで、それまでの19世紀のジュエリーの慣例であったシルバーとゴールドを使ったジュエリーの様に出来ています。当時のシルバーとゴールドを使ったジュエリー、特にダイヤモンドの白さを際立てるために使ったシルバーは時と共に酸化してしまい擦れると衣服が汚れる心配があった事と高価なゴールドをジュエリーに使うという両方の意味でほとんどのシルバーにセットされたダイヤモンドジュエリーは裏側にゴールドが使われていたのです。そしてプラチナという新しい素材が出て来た際にもその慣例は続けられ、20世紀初頭に作られたプラチナジュエリーの裏側にもゴールドが使われています。アール・デコ、その中でもフランスではベルエポック期、イギリスですとエドワード王朝時代に作られたジュエリーはそれ以降に作られたジュエリーに比べ、このゴールドとプラチナの2つの金属が使われている事や、ミル打ちが細かなことから、同じ様な曲線と直線のデザインのアール・デコジュエリーの中でもとてもエレガントなジュエリーが多い様です。
こちらのリングはお取引先のお客様からのお預かりでとてもお求めやすいプライスとなっています。

素材
ダイヤモンド
ルビー
ゴールド
プラチナ

サイズ #10(お直し可&サイズ直し初回無料)
※2週間程お時間を頂きます。
※サイズ直しの後の返品は不可となります。ご了承下さい。素材
ダイヤモンド、ルビー、ゴールド

サイズ #10(お直し可&サイズ直し初回無料)
※2週間程お時間を頂きます。
※サイズ直しの後の返品は不可となります。ご了承下さい。

商品の評価