ガーネットゴールドヴィクトリアンリング

¥ 100,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料800円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

写真にはこの美しい紫と赤の中間の様なガーネットの色が出せない事が残念!
紫色がかった大粒のガーネットが本当に美しいヴィクトリアンリングです。
この魅力的な色の石はロードライトガーネット。
シャンクはアメリカで1890年から1900年ごろに作られたものですが、時々見るこの魅力的な紫がかったラズベリーレッドの色の石は同じ年代にアメリカで作られたリングに使われている事が多いのです。ロードライトガーネットの歴史を調べると、1882年にアメリカのノースカロライナ州で発見され、さまざまな色を持つガーネットの中で他のどの赤系統とも違うこの品種はノースキャロライナに自生するヒットピンクのツツジrhododendronから名付けられました。元々rhododendronは他の赤系の石がロードで始まる様にギリシャ語の”ロード”(薔薇)が語源です。それに石の意味がある”ライト”を組み合わせてその名がつけられました。アメリカの鉱床は1901年に掘り尽くされてしまいましたが、後にアフリカなど他の産地でこの色のガーネットが発見されました。産地の鑑別はガーネットの様な安価な石は研究されているのかわかりませんが、もしかするとこのガーネットはそのアメリカの掘り尽くされてしまったガーネットかしら?と想像が楽しいガーネットです。まさにその色はガーネットの日本名の柘榴石と言うより薔薇石。
先日ネットストアで売れたロードライトガーネットに続く魅力的な石です。


サイズ:
#(お直し可&サイズ直し初回無料)
※2週間程お時間を頂きます。
※サイズ直しの後の返品は不可となります。ご了承下さい。

商品の評価